INTERVIEW

取締役 正木 洋平

担当業務は?

レビューコンテンツ事業・リアルショップサポート事業、2つの既存事業拡大の為に必要なこと全般を行っています。

 

事業部署毎に目標を設定し、事業部メンバーと定期的にフィードバックを行い、目標達成に導いていくことです。

 

また、経営計画の策定・営業方法・マーケティング手法・商品力に関するタスクの洗い出しを行い、優先順位を定め、事業部全体に方向性を発信しています。

 

いまは、自分自身も営業活動の現場に立ち、メンバー間で課題を共有し、問題解決をしていき、メンバー一人一人の成功体験を積み重ねていくことがプライオリティの高い業務と捉えています。

仕事のやりがいは?

自分の仕事は、事業全体と事業に関係するメンバー、クライアント全体に目を向けることですので、メンバーの成長を実感したとき、クライアントからネクサーに任せてよかったと喜んでくれたとき、事業部が軌道に乗ったとき、その都度にやりがいを感じています。

 

ただ、一番のやりがいは、新規事業の立ち上げに参加できることです。商品コンセプト・ターゲット選定・営業方法などを自分たちで決めていく。

 

上手くいく為に、試行錯誤を繰り返していくので、当然大変ではあるんですけど、その過程で得られることは非常に多くて、常に自分の成長を感じられます。

 

事業が軌道に乗ったときには、会社の成長と自分の成長を身近に感じれるのがNEXERのいいところかと思います。

 

新規事業に限らず、弊社は目的と手段が適切であれば、新しいことにチャレンジさせてもらえます。

 

事業部の営業方法やサポート内容に関して、現場の意見を尊重してくれるので、自発的に行動できる人、チャレンジ精神が旺盛な人にとっては働きやすい環境かと思います。

仕事風景

仕事の厳しいところは?

いい意味でもあるんですが、全て数字で分かることです。

 

KPIが計画通りに達成できない時に行う問題分析はいつも頭を悩ましますね。

 

行動量が足りなかったのか、行動方法に問題があったのか、想定外の問題が生じていたのか、そもそもKPIが間違っていたのか。

 

推論をたてて、方針を決定していくのはけっこう勇気がいることで、間違っていた選択ではなかったのか、と不安を感じることも多々あります。

 

実際、間違えたことも多くありますが、その失敗は次の成功の糧になっているので、厳しいところ含め、自分の成長に繋がっているのではないかな~…と思い込んでいます!

今後の目標は?

営業目標を達成した時、クライアントと協力して課題をクリアできた時、
同じタスクを今までより早く処理できた時、人それぞれ仕事のやりがいは違うと思います。

 

社員一人一人がやりがいや達成感を多く体験できるよう、環境を整備し、サポートをしていくことで、社員みんなが楽しんで仕事ができる会社にしていきたいですね。

 

休日に友達と遊ぶこと、仕事終わりに飲みにいくこと、すごく大事なことだと思います。

 

ただ、1年間で考えると、その時間と同じくらいの時間を会社に費やしているので、少しでも、その時間が充実なものに思える会社でありたいです。